未分類

酒好きな父への還暦祝い

ほとんどの人が還暦を迎えた年に長年勤めてきた会社や職場を退職することが多いでしょう。今まで家族のためにつくしてきたお父さんに感謝の意味をこめて、還暦を迎えた父へのプレゼントとして名入れ酒を贈ってみるのはいかがでしょうか。 […]

未分類

暦の読み方

今日は日がいいとか悪いとかいういい方があります。これは六曜の暦が基になっていて、大安や仏滅などのことです。普段はあまり気にすることがないかもしれませんが、冠婚葬祭では気にする人も多く、仏滅だと結婚式場が割引になるなどとい […]

Congratulation of Japan

還暦のお祝い、和装・着物で60歳を迎えよう

大切な母がこのたび還暦を迎えることになって、兄弟姉妹一同、喜んでもらうことを必死になって考えました。父は昔ながらの仕事人間で、過程のことはすべて母に任せきり、確かに大人になった今は頑張って働いてくれていたことは分かります […]

Congratulation of Japan

80歳でも似合う着物、傘寿のおばあちゃん

家のおばあちゃんはとてもお洒落です。というのも普段から着物を着て過ごすおばあちゃんですので、日本人らしくて粋な姿ですし、年齢の割に背筋もピシッと伸びており、私も歳を取ったらこんな素敵なおばあちゃんになりたいといつも思って […]

History of kimono

From the Jomon period to the Yayoi period

縄文時代の身体装飾については石製や貝製の装身具などの出土事例がありますが、衣服に関しては植物繊維などの有機質が考古遺物として残存しにくいため実態は不明となっています。ただし、編布の断片やひも付きの袋などの出土事例があり、 […]

History of kimono

From the Kofun period to the Asuka period

古墳時代の日本の衣服については、埴輪だけが古墳時代の衣服を知る上での手掛かりになります。これらの資料から、男女ともに、上半身を覆う服と、下半身を覆う服の2つに分かれていたと推測されています。603年に、聖徳太子が、優れた […]

History of kimono

The Nara period

和服は奈良時代の中国の唐の漢服の影響を受けているとされ、意匠的に漢服に似ている部分が多いようです。中国の礼制が日本の有職故実の一つの要素。前合わせで帯を締める構成が基本となっているなど、基本的な構成にも似た部分があります […]

History of kimono

From the Kamakura period to the Muromachi period

庶民が着ていた水干が基になって直垂ができました。鎌倉時代、直垂は武家の礼服になります。室町時代へ入ると直垂は武家の第一正装となったようです。大紋、素襖が出現します。女性用の衣服も簡易化の一途をたどりました。裳は徐々に短く […]

History of kimono

The Edo period

江戸時代になると一層簡略化され、肩衣と袴とを組み合わせた裃が用いられました。庶民の文化として小袖が大流行したそうです。歌舞伎などの芝居が流行し、錦絵や浮世絵で役者の服飾が紹介されると、庶民の装いは更に絢爛豪華なものとなり […]

History of kimono

From the Meiji period to the Taisho period

明治時代になると、女性の和服に様々な種類の生地が用いられるようになりました。それに伴い絹織物も、縮緬・綸子・御召・銘仙など種類が増えたそうです。出来上がった生地は染色技術の発達により二次加工され、今までにない友禅文様が可 […]